Q&A

佐脇塗装 >> Q&A
施工事例 お問い合わせ スタッフ紹介 Q&A

Q&A

1 塗り替え時期の目安について
周辺環境により劣化状況が変わりますが、一般的には鉄部・本部で5年、外壁で8~10年が目安となります。外壁のひび割れ、鉄部のさび発生などが現れたら、早めの塗り替えをお勧めします。そのまま放置していると傷んだ下地の補修費用がかさみ、塗り替えにかえって多額の費用がかかってしまいます。
TOP
2 塗り替えに適した季節について
気温が5℃以下になる場合を除き、年間通じて塗り替え可能です。ただし、降雨・降雪時は施工を避けなければなりませんので、一般的に気候がおだやかな春期・秋期の施工が多い様です。
TOP
3 塗り替え工事期間について
工期は塗り替え工事の規模、使用材料等により異なりますが、標準的な戸建て住宅で平均1~2週間前後です。また天候により工期が延びたことで、費用には殆ど影響しません。
TOP
4 臭気や騒音等による近隣から苦情について
最近では環境問題への配慮から低臭タイプの弱溶剤型塗料や水性塗料の使用が増えていますので、あまり心配する必要はありません。ただし、まったく苦情がないとは言えませんので、近隣に予め工事日程などをお知らせすることが得策です。
TOP
5 塗料の飛散による近隣からの苦情について
飛散防止ネット等で事前に養生をしっかりと行いますので、ご安心下さい。
TOP
6 塗料の耐用年数について
使用する塗料の種類、周辺環境により異なりますが、一般的には本部・鉄部は5年、外壁はアクリル系塗料で6~8年、ウレタン系塗料で8~10年、シリコン系塗料で12~14年と言われています。
TOP
7 塗料の選定について
上記のとおり耐用年数の高い材料(シリコン系)を選定すれば、イニシャルコストは少し高くつくものの、塗り替えサイクルが延びるため、最終的には割安になります。
TOP
8 塗り替え費用の内訳について
足場+高圧洗浄+ひび割れ補強+塗料+人件費+清掃を合計したものが見積もり金額となります。
TOP
9 内装壁紙への塗り替えについて
下地となる壁紙の劣化状況があまりひどくなければ、適切な下地調整を行った後、専用塗料で塗装できます。
TOP
10 色の選定について
標準色を設定していますが、基本的に色は自由に選んで頂けます。
TOP

TOP